大人のための『夢を叶える学校』

「夢は叶えるもの!」険しい道でも突き進めば、その先に必ず光が見える。実現した経緯や飲食店経営・起業の仕方などについて投稿しています

パチンコ業界を真似る『接客業の接客術』立ち振る舞いのポイント

パチンコ店に行ったことありますか?

勿論、ギャンブルの話ではありません。

ちょっと話がソレますが、なぜ「ギャンブル依存症」になるのでしょうか。

 私も以前はギャンブル依存症だったのかもしれません。

1ヶ月の半分以上は短時間でも通っていた記憶があります。

私のそんな堕落した経験から推測すると、依存症は「勝ったことがある!」という『記憶』が原因だと思います。

つまり、大きく勝ったことがある人の殆どは、勝った時の記憶が鮮明に残っているのです。

少し負けていても、その記憶が蘇り「必ず逆転できる」と思い込んでしまうのです。

それでも負けた場合には「取り戻してやる!」と。

この繰り返しが依存症を引き起こしているのです。

 

そもそも、ギャンブルに手を汚さなければ、こんなことにはならないのですがね。

話の脱線ついでに、なぜ『ギャンブル』をするのでしょうか?

私は、宝くじを買うのもギャンブルと思っています。

宝くじは滅多に当選しないので、依存症にはならないと思っています。

ギャンブルをやる時の「人の心理」を探ると、その根本には「もっとお金が欲しい」と思っている人が多いのではないでしょうか。

 

ちょっと、話を戻しましょう!

 

f:id:success-life:20190519040523p:plain

パチンコ店から学ぶ

ギャンブル依存症は決して良い方向に進むとは思えません。しかし、パチンコ店に一度は行ってみる事をおすすめします。

それは、ギャンブルを推奨しているわけではありません。

パチンコ店のスタッフに注目してもらいたいのです。ポイントは、動作・サービス、その一例を挙げますので参考にしてください。

あいさつ

「いらっしゃいませ」と、いつも笑顔であいさつしてくれます。

この『笑顔』が大切なのです。

すれ違う

今回のお話しの中で、最もお伝えしたいのがココです!。

お客様とすれ違う場合、どんな?

まず、通路の端に移動し、静止して、笑顔で会釈。

本当にこの一連の動作が、お客様を心地よい気分にさせているのです。

呼び出し

お客様が遊戯中に、何かの要望があれば、呼び出しボタンでスタッフを呼びます。

すると、担当者もしくは近くのスタッフが、走ってお客様のところへ向かうのです。

トラブル

遊技台のトラブルがあれば、点検・改善してくれます。

すると、パチンコ玉をチェッカーに幾つか入れてくれたりします。

学ぶべきポイント

パチンコ店のスタッフも「サービス業」です。

飲食店と『接客サービス』の点では同じであり、従業員の『立ち振る舞い』は、ココに学ぶべきです。

  • いつも笑顔で接する
  • お客様にあいさつをする
  • 自分が避けて、お客様の進路を妨げない
  • すれ違う時は自分が静止する
  • すれ違う時にあいさつ(会釈)をする
  • 呼ばれたらすぐに行く
  • トラブル解消後のサービスは忘れない

 

さいごに

接客サービスとは、「お客様は神様です」という思いを行動に表すことです。

お客様の不快感を与えないために、最低限の従業員教育はしておかなければなりません。

なぜなら、お客様は『我々の生活の糧』となっている方だからです。

 

笑顔、あいさつは当たり前です。

すれ違う時、進路を邪魔しないように通路の端に寄って正面を向く、つまりお客様が自分の正面を横切るようにするのです。その際に軽く会釈をするか、あいさつをします。

仮に双方が歩きながら間違ってぶつかれば、トラブルになってしまうかもしれません。

しかし、自分が静止していれば、トラブルを避けられることでしょう。

自動車事故と似たようなもので、停止していれば過失ゼロということです。

お客様に呼ばれたら必ず行きましょう。

もし、手が離せない状況であれば、呼んだお客様に対して『返事』を返すことが大切です。絶対に、お客様を『無視』することがないようにしましょう。

トラブルがあったら、必ず責任者が対応するようにするのがベストです。

従って、責任者に連絡、報告することを徹底しましょう。

 

ここで学んだことを店舗で徹底することができる「責任者」は、素晴らしい人格者になれることでしょう。

またそれだけでなく、お店の雰囲気がガラッと変わり、今よりも確実に良くなり、売上の数字上がります。

スタッフへの『躾(しつけ)』が行き渡ると、お店に来るお客様の『質』も良くなります。

つまり、お店のトラブルが殆ど無くなりますので、頑張りましょう!