大人のための『夢を叶える学校』

「夢は叶えるもの!」険しい道でも突き進めば、その先に必ず光が見える。実現した経緯や飲食店経営・起業の仕方などについて投稿しています

ラーメンのトッピングは?チャーシューと味玉は欲しいから作ってみたよ!

ラーメン店をやってみようと試作を繰り返しています。

自分の好きなものだからって、誰にでも好まれるとは限らない。

なので、一般的に好まれるラーメンを作るために日々努力が必要です。

考えるより行動が一番!

チャーシューと味玉の試作

ラーメン店を開業したいけど、何をしたらいいのか?

なんて考え込んで時間を費やすのであれば、行動して一歩でも前に進んでいこうと思います。

思い付きでもいいので一つ一つ作り上げて、最後にそれぞれのピースを組み合わせることにしました。

今回は、豚バラチャーシューを作って・・・、と同時に味玉を作ってみます。

 

チャーシューの試作

前回は「鶏もも肉チャーシュー」を作ってみました。

www.newinfo.press

チャーシューと言えば「豚肉」じゃないの?

って思っていた人もいたのではないでしょうか。

一般的に作られる「豚バラ肉」でチャーシューを作っていきます。

材料一覧

 ✅豚バラ肉(ブロック)・・・1Kg

 ✅にんにく      ・・・半分

 ✅生姜        ・・・10g

 ✅長ネギ       ・・・1本(青い部分)

 ✅濃口醤油      ・・・400cc

 ✅本みりん      ・・・400cc

 ✅料理酒       ・・・200cc

 

試作工程

①豚バラ肉ブロックを適当な幅にカットします。

②鍋に並べます。

③材料を全て入れ、火を付けます。

④肉が被らなければ、調味料(同割合)を足しましょう。

豚バラ肉チャーシュー試作

⑤沸騰したら、落し蓋をして弱火にします。

⑥30分煮込んだら、肉を裏返します。

⑦また落し蓋をして90分煮込みます。

⑧時々鍋を揺らし、焦げ付かないように注意します。

煮込んだチャーシュー

⑨火を止め、粗熱を取り味を浸み込ませます。

 

味玉の試作

味玉は、ゆで卵の殻を剥いてタレに漬けておくだけでできます。

材料一覧

 ✅鶏卵(常温)・・・必要数

 ✅タレ    ・・・チャーシューのタレ

 

試作工程

①鍋でお湯を沸騰させます。

②静かに鶏卵を入れます。

③鍋の中で卵を転がすと、黄身が中心に寄ります。

④好みで8分~10分茹でたら、取り出します。

⑤すぐに氷水に浸すことで、殻が剝きやすくなります。

ゆで卵の殻を上手く剥く方法

⑥殻を剥いたらタレに漬けこみましょう。

 

試作完了日誌

豚バラ肉のチャーシューは、とても好きです。

この手順で、誰でも柔らかく仕上がります。

今回試作した「豚バラ肉ブロックのチャーシュー」は、スライスして『チャーシュー丼』として商品化しようと考えています。

 

味玉は追加トッピングでもあるように、人気商品です。

要は、黄身の状態が魅力なのだと思います。

8分だと以下のような状態に仕上がります。

8分茹でた状態

10分で、ドロッとした状態がなくなります。

試してみてください。

黄身の状態によって、カットして提供するか、もしくはそのまま提供するかを決定すればいいと思います。

 

どうですか?

徐々に、商品として提供するラーメンがイメージできてきたと思います。

では、またお会いしましょう!