大人のための『夢を叶える学校』

「夢は叶えるもの!」険しい道でも突き進めば、その先に必ず光が見える。実現した経緯や飲食店経営・起業の仕方などをはじめ、昨今話題の『副業』のカテゴリーについての最新情報も発信しています。

1から始めるBO『バイナリーオプション』通貨ペアと値動きについて理解しよう!

 バイナリーオプションでトレードする場合、チャート図を見てチャンスが来たら取引業者のプラットフォームで取引する流れです。

つまり、各通貨ペアのローソク足で表示されたチャート図を確認しながら、エントリーポイントを探すのです。

 今回は、その『通貨ペアって何?』を解説していきます。

通貨ペア

取引通貨ペア

 取引通貨ペアとは「2種類の通貨の組み合わせ」のことです。

例えば、

『USD/JPY』「米ドル」と「日本円」『EUR/USD』「ユーロ」と「米ドル」といった組み合わせです。

当然ながら、この通貨ペアの種類はたくさんありますが、全て覚える必要はないので安心してください。

 

通貨ペアって?

 基本的には左側の通貨を「基軸通貨」、右側の通貨を「決済通貨」と呼びます。

そして、通貨ペアのチャートは左右の通貨の取引量のバランスに応じて、上がったり下がったりしているわけです。

つまり、左側の通貨が「買われる」とチャートは上がります。

また、「売られる」とチャートは下がります。

逆に、右側の通貨が「買われる」とチャートは下がり、「売られる」とチャートは上がります。

 では、左右の通貨が、どちらも買われたり、売られたりしたらどうなるのでしょうか?

 

通貨の取引量

 では、実際のチャート図で確認してみましょう。

上昇チャート

 お分かりの通り、これは【USD/JPY】のチャートが上昇しています。

これは、USD(左側の通貨)が買われている

もしくはJPY(右側の通貨)が売られている

 

下降チャート

 お分かりの通り、今度は【USD/JPY】のチャートが下降しています。

これは、USD(左側の通貨)が売られている

もしくはJPY(右側の通貨)が買われている

 

横ばいのチャート

 このように【USD/JPY】のチャートが横ばいに推移している場合は、2つのケースが考えられます。

一つは、USD(左側の通貨)が買われていて、JPY(右側の通貨)も買われている

もう一つは、USD(左側の通貨)が売られていて、JPY(右側の通貨)も売られている

つまり、左側の通貨が買われると上がる力が生じ、また右側の通貨が買われると下がる力が生じることになります。

これらの力が拮抗していると、横ばいに推移することになります。

 

通貨の取引量と通貨ペアとの関係

 通貨ペアの左側の通貨(基軸通貨)と左側の通貨(決済通貨)の売買でチャートの動きは理解できたと思います。

では、【USD/JPY】の通貨ペアでは『USD』は左側でした。

一方【EUR/USD】の通貨ペアでは『USD』は右側にあります。

そこで、仮に『USD』が物凄い勢いで買われていたとします。

つまり最初に表示したチャートの同日同時刻で、【EUR/USD】のチャートはどんな動きになっていたのか気になりませんか?

通貨ペア【USD/JPY】

 通貨ペア【USD/JPY】で『USD(左側)』が買われていた場合、当然チャートは上昇します。

 

通貨ペア【EUR/USD】

 同日同時刻の通貨ペア【EUR/USD】では『USD(右側)』が買われているので、チャートは下降しています。

 つまり、チャートを観察していて、ちょっと目立った動きがあった場合は、その通貨ペアに関連する他の通貨ペアにも影響を及ぼしていることが多いです。

 

関連する通貨ペアのチャートを比較

【USD/JPY】チャート比較

 【USD/JPY】は、『USD』と『JPY』で成り立っており、それぞれに関連する通貨ペアを、同日同時間の範囲で見てみましょう。

【USD】関連の通貨ペアチャート

 【USD】に関する通貨ペアのチャートは、推移の傾向が違うことは一目瞭然です。

 

【JPY】関連の通貨ペアチャート

 一方、【JPY】に関する通貨ペアのチャートは、同じような推移になっています。

これは、どういうことかというと、【USD】よりも【JPY】の方が相場に影響を与えているということです。

即ち、【USD/JPY】が方向性も明確でチャンスが多い、と同時に【JPY】に関連する通貨ペアにもチャンスが訪れる可能性が高いということなのです。

 

実践における見方

 ここで改めて、通貨ペアとチャートの関係性についてまとめてみます。

 

  値動きが大きい通貨ペアを確認する(チャンスが多い!◎)。

  ①の通貨ペアを形成している2つの通貨を含む他の通貨ペアを確認する。

  ①の通貨ペアのチャートに類似する通貨ペアを見つける。

   (どちらの通貨が相場を影響させているかをチェック

  ③の通貨ペアでチャンスがあればエントリーする。

  ③で影響力が強い通貨を含む他の通貨ペアも確認する。

  以下、繰り返し確認することでチャンスを拡大していく。

 

さいごに

 エントリーチャンスが拡大することは、勝率が上がることに繋がっていきます。

まだ実践には不安があるでしょうから、ここではチャートの動きについて理解してもらえたら大丈夫です。

まずは、トレードするために必要な「最低限の基礎知識」を習得することが大事です。

 

 今回お話しした通り、

1つの通貨ペアを軸として、そこから関連する通貨の流れを追っていく確認作業をする。

そうすることで、効率的に「エントリーチャンス」が多そうな通貨ペアを見つけ出すことができるようになります。

 1日中モニターに張り付いているより、短時間集中してチャンスを見つけ出す方が、効率よく利益を上げることが理想です。

集中力を持続するにも限度があります。

私の経験上、トレードする時間はできるだけ短い方が良い結果を出しています。

 

 次回は、『相場』について解説していきます。

 

 それでは、またお会いしましょう!

下記のアンケートに答えて頂けると助かります。

 

  参考になった!  参考にならない