大人のための『夢を叶える学校』

「夢は叶えるもの!」険しい道でも突き進めば、その先に必ず光が見える。実現した経緯や飲食店経営・起業の仕方などについて投稿しています

新電力事業のオポチュニティ「アンビットビジネス」MLM【新情報】

  Opportunity(オポチュニティ)って知ってますか?

 

調べてみると、「機会」「好機」となっています。

日本では『チャンス』が類似していますが、

ニュアンスで使い方が変わるそうです。

 

ここでは、

  滅多に訪れない『最大のチャンス』と捉えてください。

 

f:id:success-life:20210605193921p:plain

アンビットビジネス

 突然・・・、いやっ偶然・・・私の前に訪れた「オポチュニティ」

それが『アンビットビジネス』なのです。

なぜ、チャンスなのか?

 

f:id:success-life:20210605194158p:plain

質問です!

あなたの周りに、電気を使っている人は何人いますか?」

 

今回ご紹介するビジネスの正体は、「電気」です。

つまり、

誰でも使っている『電気』のお仕事なのです。

 電力自由化とは

最近になって「電力自由化」ってよく耳にします。

ガス会社や住宅会社、携帯電話会社など、

様々な民間企業が「電力の切り換え」を宣伝しています。

 

「電力」は、戦後ずーっと大手電力会社が独占していました。

関東に住んでいれば「東京電力」と契約し、

東北に住んでいれば「東北電力」と契約する。

そんなことは当たり前でしたが、

電力自由化になって、消費者が選べるようになったのです。

 

簡単に説明します。

電力事業とは「発電」→「送配電」→「小売」に分けられます。

つまり、

  ① 電気を作る「発電」

  ② 電気を送る「送配電」

  ③ 電気を販売する「小売」

これらを経て、各家庭で電気が使われています。

 

①の発電については、すでに自由化されています。

あなたの家の屋根にソーラーパネル設置してないですか?

屋根や土地を利用して、電気を作り使われています。

 

②の送配電業務については、これまで通りです。

電気の専門家が今まで通り管理しています。

従って、どこでも同じ質・同じ量の電気を使っていけます。

 

③の小売が、今回「自由化」になったのです。

経済産業省が認めた民間企業は、

電気の小売ができるようになったのです。

通信事業の歴史

ご存じかとは思いますが、黒電話を使っていた時代、

通信事業は「日本電信電話公社」の独占でした。

1985年に電電公社が民営化され、

通信事業が自由化されました。

 

現在「電話会社」を選べるのが当たり前です。

 

自由化によって、

『出来なかったものが、出来るようになった』

そこに、ビジネスチャンスがあるのです。

まさに『一生に一度のオポチュニティ』なのです。

 

通信が自由化されているから、

これから携帯電話の代理店をやったとしても、

ソフトバンク社の孫社長や、

京セラの稲森社長や、

楽天三木谷社長のように、

そこにビジネスチャンスがないのは、

ご承知かと思います。

f:id:success-life:20210605203111p:plain

さいごに

電力自由化が推進されている今、

人生で最初で最後の「オポチュニティ」が用意されています。

その会社こそが『アンビットエナジーなのです。

www.newinfo.press

 

「自由化」は一度きりです!

二度も三度も繰り返されることではありません。

 

あなたも『アンビットビジネス』に参加してみませんか?

  参加希望者は⇒https://line.me/ti/p/jOmA0SqaB4

f:id:success-life:20210605204539j:plain

LINE友達追加

 では、またお会いしましょう。